【書評】新・魔法のコンパス 西野亮廣

書評

お笑い芸人であり、絵本作家およびその他諸々で活躍している西野亮廣さんのビジネス書、新・魔法のコンパスを読みました。

「好感度が低い」がウリの西野さんですが、これを読んで少しイメージが変わりました。

魔法のコンパス

題名の「新・魔法のコンパス」

西野さんが、3年前に魔法のコンパスという本を出版していて、今回、文庫化にともない内容の一部を焼き直したのが、この「新・魔法のコンパス」です。

魔法のコンパスってなんぞや?

って話ですが、僕たちが進んでいく上での行き先を指し示すコンパス(羅針盤)を手に入れよう!というメッセージです。

表現が若干メルヘンなのは、絵本作家である事をアピールしているからなのかは分かりません。

本の内容

本の内容は、西野さんがどういう考えで、どんな行動をしてきたか、が書かれてます。

例えば、印税は全て広告に使っている事。

オンラインサロンのお金で、美術館を作ったり、そういった活動をしている事。

ディズニーを倒そうとしている事。

全ての行動が、自分の活動の継続・発展のために行なっている事。

それを読者に語りかけるような口語文体で、書かれてます。

嫌われる勇気を読んだ直後だったのもあって、嫌われる勇気を実践してる人という印象でした。

アドラーを実践してる人は、こういう事を考えて行動してるんだな、と思いました。

目的を達成するために何(どんな行動)をするのか。西野亮廣は、こういう行動をしている。

こう考え、こう行動した。

そうしたら、こうなった。

そして時々、炎上した。

自叙伝的なものかも知れません。

彼が嫌われる理由

この本を読んで、なんとなく彼が嫌われる理由がわかった気がします。

アドラー心理学とシンクロしてるように思います。

西野さんの行動は、シンプルです。

誰がどう思うかは関係ない。

自分のやりたい事を、そのまま突き進むだけ。

という考えです。

だから、支持される層には支持されるけど、そうでない人からは批判される。

といった具合です。

さらに批判されようが、何だろうが気にしない姿勢が余計にアンチ西野を苛立たせている事なのだと思います。

ただ批判する人は、多分、西野亮廣という人間のやっている事の大半を知らない気もします。

彼がなぜこのような行動をとるのか?

お笑い芸人キングコング西野は知ってるけど、お笑い以外の西野亮廣は良く知らない。

そんな気がします。

正直、僕も読んでイメージが変わりました。

お笑い芸人だけでなくて、芸術家であり、プロデューサー的な事をしている。

彼には目的があって、それに対してどう行動すれば目的が達成出来るのか?を常に考えている。

別にアンチ西野がいても気にしない。(気にしてるかもしれないけど)

まさに、嫌われる勇気を実践してる人、という印象でした。

「嫌われるのは仕方ない。」

かといって、ここまで嫌われる人もあまりいないと思いますが。

何となく、本を読んでいても、

「いいかな?~~~キミは、・・・〜〜〜だよね?」

みたいな文体が、個人的には何だか見下されてる感じがして、少しイラッとする部分もあったので、人をイラつかせる事に長けてるのかも知れません(笑)

チックタック 約束の時計台(近畿大学 卒業演説)

途中、近畿大学の卒業演説の内容が書かれてます。

時計の長針と短針は、11時台は一度も重ならないが、12時ちょうどで重なる。
必ず、針は重なる。
長い報われない時間があるけど、必ず重なる。

といった話です。

要は、しんどい事があるかも知れないけど、頑張れば報われるから、頑張れよ!
というメッセージです。

西野さんの絵本、『チックタック約束の時計台』の話は、この時計の針の話がモチーフになっていて、とても良い話でした。(考えが先なのか、絵本がベースなのか、どっちが先かはわかりませんが)

ただ冷静に考えると、別に12時ちょうどで考えなくてもいいじゃん!

とツッコミを入れたくなった僕は、多分ひねくれ者なんでしょうね(笑)

12時台も重ならないし、なんなら次に重なるのが1時10分くらいなので、11時代よりも間が長いし。

とか、屁理屈を思いながら読みました。

でも何処か、心打たれる部分はあるので、僕みたいに屁理屈を考えずに読んでもらった方が良いです。

こういう話は、屁理屈言わずに、素直な気持ちで受け入れた方が良いですね。

ちなみに、絵本は純粋に良かったです。

ちょっと感動しました。

良かったらどうぞ。

created by Rinker
¥2,200 (2024/04/23 17:44:25時点 楽天市場調べ-詳細)

読後

こういう本を読むと、何かをやってみたいという思いが強くなります。

自分は、こういう事をやりたい。

それをするには、お金と時間がない。

かといって、子供もいるから、今の仕事を簡単に辞める事も出来ない。

葛藤。

結婚して、子供がいて、これも幸せなんだけど、他にもやりたい事があって。

難しいですね。

人生ってのは。

やり直したくても、一回しかないから。

強くてニューゲームをしたいんだけどね。

なんだかしんみりしてしまいました。

ネガティブになりがちで、出来ない理由を並べて、なかなか「どうやったら出来るのか」とポジティブな考えにはなれないでいる。

いつかは自分のやりたい事をやれる方向に持っていく方法を模索中です。

created by Rinker
¥726 (2024/04/23 17:44:25時点 楽天市場調べ-詳細)

大阪在住。

激しい息子と、超絶イラチの娘を持つ、二児の父。

1LDKに住む。
狭いので引越したいが・・・。

レザークラフトや普段色々と思っている事とか、綴ってます。

不動産投資やってみたいんですが、なかなか踏み出せず。

一束(ひとたば)をフォローする
書評
スポンサーリンク
一束(ひとたば)をフォローする
一束blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました